So-net無料ブログ作成
検索選択

2013別府大分マラソン 完走記(3) [マラソン完走記など]

25kmを過ぎて、ここからの5kmは、このところのマラソンでは必ず最速で走っている区間だ。調子が良ければ、ここから徐々に気持ちよくスピードアップをして、30kmからは全開で勝負をかけるのだが、いかんせん、今日は自信がない。

だから、ギアを切り替えることなく、調子がよくなった分だけ少しペースが上がるという感じ。

相変わらず、前を走るランナーに追いつき、どんどん抜くという展開には変わりはないが、「気持ちよく抜きまくる」とまではいかないのがとても残念なところ。

体と相談しながら、いつギアチェンジするか、考えている。

すると、右手の競技場の方から花火と爆竹の音。時計を見ると、2時間7分台。優勝は誰だろうか?ふと考える。

しばらくすると、優勝者は川内選手というアナウンスが聞こえてきた。タイムは、わからない。でも、きっといい記録に違いない。世界選手権だな。すごい。

しかし、こちらにはそんな感慨に浸っている余裕はない。

両足の小指は変わりばんこに痛い。なぜこんなに痛いんだろうか。後で考えてみると、踵が完治していないのでそこに補強をした分、そのしわ寄せが小指に来たのだとしか考えられない。実際、爪が圧迫されて腫れている感じだった。もう一錠残ったロキソニンをいつ飲むか、考える。

右の股関節も相変わらず不安な状況。スピードを上げたらバラバラになりそうな感じ。

まだギアを切り替えることは出来ない。このまま30kmまで維持だ。 

大分市を東に向かって走っていると、多少向かい風を感じるようになってきた。橋の上のアップダウンが何箇所か。アップダウンは問題なくクリア。まだ余力はある。足は残っている。

30kmの通過は、2時間25分31秒。25km~30kmのラップは24分9秒。終盤抑えた分、ペースはあがりきってこない。

いくつか橋を越え、ようやく右へ折れる。ここから、また大分市街に戻っていく。おかげで風も感じなくなった。道が狭くなった分、応援がより身近に感じられる。

バニーさんが「いい調子!」と応援してくれる。 

35kmになったら、ギアを切り替えることが出来るだろうか。体の具合を考えると無理かな。あと何キロだったら、全開でももつだろうか。

そうこうしているうちに、35km。2時間49分55秒。30km~35kmのラップは24分24秒。

再び大通りに戻る。あと7㎞。

不思議なもので、淡々とラップを刻んでいると、1kmが長いという感覚がさほどない。きつい終盤になると、1kmがとてつもなく長く感じることがあるが、今回は、同じ時間で、順序良く次が来るという感覚。37km手前の登りはさすがに少しペースが落ちる。それを取り返すのは、なかなか難しい距離になってきた。

維持がやっとの状態。これはペースアップなどとんでもない。

39kmでまた逆向きに走る。幸い、向かい風はまだ感じない。

40km。3時間14分46秒。35km~40kmのラップは坂で手こずった分、25分台かな~と思うが、24分51秒とまだ24分台。

あと2km。ここで、さすがにギアチェンジ。あとわずかだ。去年は悦びに満ちて走ったこの最後の道を、今年も元気に走ろう!

応援する声に応える余裕は今年はない。だが、なんとかペースアップする。周りもペースアップしているので、ごぼう抜きというわけにはいかないが、それでも、かなりの人数のランナーをここでパス。

左へ曲がり、競技場へ向かう。

競技場の手前にまたバニーさん、いったい何人いるんだろう(笑) 

競技場に入ってトラックを一周弱。スプリントには自信がある。思い切り駆け抜ける。

時計は、3時間24分を回った。なんとか25分は切れるかな?

最後の死力を尽くしてゴール!

3時間24分51秒。最後の2.195kmは、キロ4分36秒ペース。

ああ、25分切れたなあ。これが今日の精いっぱいだった。

やはりフルマラソンは難しい。

(終わり) 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。