So-net無料ブログ作成

鯖街道マウンテンマラソン なんとか完走しました…その3 [マラソン完走記など]

オグロ峠を登り切ると、八丁平の気持ちよいトレイルが続く。

雨が意外に激しくなってきたので、ここで準備していたビニール袋をかぶる。少し冷えていた体も温まり、いい感じだ。ここは、体が濡れないうちに、早めに雨対策をした方がよい。ちょっとの時間を惜しんではいけない。

オグロ峠で多少復活した足は、なんとか動いている。トレイルを、ゆっくり走る。やがて、尾越エイドに向かって下りに入る。

雨が降っていることもあって、滑りやすく、多くのランナーはここでかなり手間取っている。僕は一応こんな状況には慣れているので、すいすい下っていく。と、前方から戻ってくるランナーの集団。どうやら、コースロストしたらしい。彼らがコースに戻る前に先行して、そのままどんどん差を開けていく。

久多からの登りで抜かれたランナーを、ここで根こそぎ抜き返すことが出来た。 

そして、下り切ったところが尾越エイド。冷やし飴を飲んで元気回復。

次の大見エイドまでは、4km弱。このぐらいの距離だとかなり気が楽だ。休憩はそこそこにして、ゆっくりながらも走って距離を稼ぐ。このあたりにくると、もう上り坂ではほとんど歩き倒すランナーが多くなってくる。僕はしばらく前に歩き倒した分、まだ余裕が残っていて、半分ぐらいは走る。ノロノロでも走れば、歩いている人を抜くことが出来る。

そして大見エイド。ここまでくれば、杉峠が見えてくる。あと7㎞弱。なんとか杉峠まではいけそうだ。杉峠からゴールまで3時間とみても、11時間以内にはゴール出来る。

しかし、この、杉峠までの道は僕の苦手とする石ころゴロゴロの林道だ。ここは、走りやすそうなところは、小走りに走り、走りにくそうなところは歩きで対応。これまで3年の経験から、実はここが相当長く感じるということはわかっている。

雨もいよいよ激しい。水たまりが多く、それを避ける体力もないので、そのままビチャビチャと突っ切っていく。

走っては歩き、歩いては走りの繰り返し。辛抱だ。これを繰り返して入れば、やがて平坦な道がやってくる。そして、その先に杉峠のエイドがある。

雨だけでなく、山全体にガスがかかっていて、けっこう寒くなってきている。僕は幸い、体をすっぽり覆うビニール袋のおかげで、体は暖かい。

勾配がゆるくなってきて、見慣れた、杉峠への最後のゆるい坂を登っていく。と、前方から、走ってくるランナーがいる。なぜだろうと思って、ボーっと見ていると、あれ、あかつきさんだ!

「あ、いたいた!」とあかつきさんもこちらに気づく。出町柳から逆走してお迎えランに来てくれたのだ! ここまで来てくれるとは思いもしなかったので、嬉しい。いろいろ話をしながら走っていると、いつのまにか進んでいる。旅は道連れとはよく言ったものだ。

そして、いよいよ杉峠にやってきた! FRUNの見慣れた赤い幟。井口さんがいる。そしてKちゃん! Kちゃんがいるとは知らなかったので、驚き、嬉しさのあまりハグ。一昨年一緒に走ったまりもさん、僕を鯖街道に誘ってくれたケイタローさん、く~さん、ツウランさん、嬉しい仲間の顔、また顔。

足はフラフラだが、気持ちの疲れが本当に吹っ飛ぶ。暖かいお茶と豆腐そうめん。おしゃべりに花が咲き、ついついこのエイドに長居してしまった。10分ぐらい?(笑) 

シューズの紐を締め直して、下り仕様に整えると、さあ、鞍馬までの長い下り。思いのほか、走れる。絶好調時の時のようにはいかないが、徐々にペースが5分前半まで上がってくる。エイドで休んでいる間に抜かれたランナーを下りでかなり抜き返した。鞍馬から市原までも、なんとかノンストップで走る。信号を渡って市原エイド。さあ、あと9km。

市原からの上り坂は、歩く。あかつきさんも、ここだけは歩かせてくれた(笑)

登りが終わると、ゆるく下っていく。登りで抜かれたランナーを、また抜き返す。

足はとっくの昔に売り切れているのだが、なんとか動いている。ひとりだったら、きっともっと歩きが入っていたかもしれないが、併走するあかつきさんが休まないので、仕方なく(笑)ついて走っていく。信号待ちで休めるのが本当に救いになる。ハムストにかなり疲労がたまっているので、ストレッチで伸ばし伸ばし、また走る。

河川敷に入る。

しばらく走っていると、また一字違いのランナーに追いついた。あともう少し、一緒に走りましょうと、しばらく並走。もうちょっとペースを落とします、とあかつきさんに声をかける。もう限界を超えている。かろうじて、キロ7分以内を保てるぐらい。

最後のエイドも、早々に出発。結局、長居したエイドは、杉峠だけだった。でも各エイドで本当によく飲み、よく食べた。おかげでお腹は全く空いていない。そのエネルギーのおかげで、まだ動けている。

あと3km、あと2km、そして橋を渡り終わって、あと1km。あと1kmになったら、思い切りスパートする予定だったが、200m続かない。結局、あと300mで思い切り加速。

そして、ゴール!! 10時間41分 今の状態からすれば奇跡に近いタイムでのゴールだった。

迎えてくれたのは、ひろさん、じんさん。 

雨の中、コースに一礼。

本当に、いろいろな人に支えられての完走だった。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。