So-net無料ブログ作成
検索選択

木曽三川トライアスロン 完走記 スイム編 [マラソン完走記など]

トライアスロンに初出場、初完走… 但しほろ苦い完走だった。

故障中、バイクとスイムを主体に練習していたので、まあせっかくの機会だからと気軽に参加したのだが、見事返り討ちに… はっきり言って、トライアスロンをなめていた。思ったよりはるかにきついレースだった。

受付は7:30~ ということで、8:00に会場入り。さっそく受付。たまたま応援にきていたナリシンさんと遭遇。案内してくれたので助かった。

参加賞は黄色いTシャツ、そして、水色のスイムキャップをもらったが、これをかぶるらしい。ついでに、腕にナンバーをマジックでペイントしてもらい、いったん、荷物を取りに車まで引き返す。

会場の片隅に陣取り、さあ準備。

まずは、ナンバーカードをナンバーベルトに装着。そして、トランジッションエリアまでバイクを引っ張っていく。

トランジッションエリアでは、

①バイクのサドルをバーに引っ掛ける
ヘルメットをハンドルの上に装着
③ナンバーカードベルトもハンドルのあたりにかけておく
④足元に、バイクシューズ、その中に靴下サングラス、そしてエナジージェル
⑤給水ボトルをバイクにセッティング
⑥ランシューズをセッティング
⑦ラン用サンバイザーを上に乗せる

これで完了! 思ったより簡単だ。他の人のやっているのを参考にしてやれるので、初心者でも大丈夫。

そして、エリートレースのスタートを見に、スタート地点へ。

スイムのコースは、長良川沿いに張られたコースロープの外側を下流に向かって泳ぎ、内側を上流に向かって帰ってくる500mを3周回。フォローティングスタートだが、スタートの合図とともに、みんな凄い勢いで泳いでいく。

スイムが終わってからバイクへのトランジットも、しっかりと観察。やはりバイクにシューズをつけたまま、裸足で走ってバイクスタートラインまでバイクを引っ張っていく。脱いだウエットスーツは、そのあたりに脱ぎ捨て。やはり畳んだりはしないみたい(笑)

そうこうしているうちに、こちらもスタート時間が近づいてきた。バイクが終わって、ランに移行する前にスイムのスタートエリアを閉鎖するのだが、その時間を繰り上げると放送があり、急いでスイムの準備。

ウェットスーツを着ると、かなり暑い。ゴーグル、スイムキャップを装着して、足首にまくチップをもらう。

スイムアップの時間が来たので、入水。けっこう水が冷たい。水温は20℃。でも、スウェットスーツの威力で、それほど冷たく感じない。 

そうこうしているうちに、エリートレースのトップグループがランへと入ってきた。さすがに速い。

一般の部も、2班に分かれてウェーブスタート。僕は2分後の後発組。フォローティングスタートに慣れていないので、スタート直前まで水に入らず、堤防に腰かけて、いよいよスタート。

スイムは、力を入れずにゆっくり流す予定だったのだが、やはりスタートの緊張感からか、いつもに増して足を動かしてしまう。少し泳ぐと、スタートで飛ばしていた選手たちを徐々に抜いていく展開になった。

ところが、水が濁っているため、前をゆくスイマーが全く見えない。 だから、気が付くと、足が突如として出てきて蹴られたり、逆に腕を水に滑り込ませたところに、体があったり。これが水中バトルか…と思いながら、かといってコース取りなどをする余裕もなく、泳いでいく。

それに、まっすぐ泳いでいくのがとてつもなく難しい。どちらかと言えば右のコースロープよりに位置をとっていたからか、右手がコースロープにぶつかることが多く、では、と少しコースロープから離れようとすると、かなり沖に出てしまう。こりゃいかんと、戻ろうとしてしばらく泳ぐと、またコースロープにぶつかる。楽に泳ぐもくそもあったもんではない。とにかくまっすぐ進もうとすることに全力を注ぐ。しようがないので、10かきしては、平泳ぎでコースを確認。で、また、狙いを定めてクロールに切り替える。

おそらく、自分の泳ぎ方そのものが、まっすぐ泳げていないのだろう。 それに、水中で他の選手にぶつかり、少しずつコースがずれるのかもしれない。一時は、下流に向かって泳ぐはずが、完全に対岸に向かって泳いでいたり… そしてライフセーバーの人に大声で注意される… この蛇行は相当体力も気力もロスする。

やっと折り返し点。ここは少し浅くなっていて、足が立つ。少し歩いて、また泳ぎに入る。今度は上流へ。

僕は左呼吸なので、河岸のいちばん近くを、岸を見ながら泳ぐというふうにしてみた。そことの距離を一定にすれば、蛇行しない。おかげで、折り返しから先は、かなりスムーズに、楽に泳げた。いちばん左側だから、他の選手ともほとんど接触なし。そしてまたスタート地点に戻って、折り返し。

折り返しの前には、十メートルぐらい、浅瀬になっているので、そこは歩き。そして、下りのコースへと飛び込んで、2周目。

2周目も、相変わらず蛇行は続く。今度は、向こう岸をみながら泳ぐという作戦に切り替えてみたが、向こう岸はあまりに遠くて、やはり蛇行してしまう。しかも、なかなか選手がばらけない。たぶん、 先発組の遅い選手が行く手を阻んでいるのだろう。水中バトルも継続する。

3周目。最初は平泳ぎで様子を見て、そこからクロールに切り替えて泳ぐ。下りはとにかくまっすぐに進むコツがつかめないまま、終わってしまった。ただ、上りは、河岸作戦が功を奏して、スムーズに泳げるようになった。

それにしても、かなり力を使ってしまった。タイムも、あれだけ蛇行をしたのに、軽々と40分を切っている。かなり頑張ってしまった…

自らあがると、すぐに歩きながらウェットスーツの上半身を脱ぐ。給水をして、 トランジッションエリアへ向かう。もう半分以上はバイクがない。だいたい中位か、それよりちょっと下かな。

まずウェットスーツを脱ぎ、タオルで足を拭き、靴下を履き、シューズを履く。ヘルメットをかぶり、サングラスをかけ、ナンバーカードベルトを装着。

それから、歩いてバイクスタートエリアに向かい、そこからバイクに乗って、いよいよバイクパートのスタートだ。

バイク編につづく 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。