So-net無料ブログ作成
検索選択

木曽三川トライアスロン 完走記 ラン編 [マラソン完走記など]

最後のランは10km。普通なら、余裕でこなしてしまう距離だ。

ところが、この10kmが、とてつもなく辛かった。

まず、太腿裏から臀部にかけての、バイクによるダメージ。特にお尻が筋肉痛と、サドルによる痛さのため、足があがらない。

そして、体全体の疲労感。スイム、バイクと慣れない2種目をこれまでにないストレスをかけてこなしたことによって、体全体が、鉛でも入っているかのように、動かない。

さらに、胃のあたりの異和感。何か、体の中でグルグルと不快な物体が回っているかのような感覚。

全く、スピードをあげて走ることが出来ない。

故障していたことによる、練習不足。鯖を2週間前に完走したダメージ。それもあるだろうが、それでも、もう少しはまともに走り、颯爽と抜いていく…というイメージを抱いていただけに、精神的にも「こんなはずじゃ!」というダメージ。

ランは、片道1.25kmを4往復の道のり。普通の状態なら、あっという間に終わってしまう1.25kmの長いこと。時間がスローなスピードで流れているかのような感覚がある。

これまでに、ランニング大会で、何度も最後はヘロヘロになって走ったことがあるが、こんな感覚は初めてだ。おそるべし、トライアスロン。

一つ一つの競技としては、さほど大変ではないのに、3種目合わさると、これほど大変なものかと思い知った。

トップグループはラスト周回で、ゴールした選手もいる。まだ元気にかけていく選手がいるのは、本当に驚きだ。

中には、僕よりも辛そうに走っている選手もいる。自分の走りがスローモーションに思えるぐらい動かない割には、かなり抜いていたというのは、応援してくれた前ちゃんの言葉。だが、もともと周回遅れだった僕が、抜いても、順位がそうそうあがるわけではない。

おまけに、足がもう攣りそうな気配。

最初の周回はキロ5分ちょっとづらいのペースだったが、3周回目からはペースが落ちてくる。

最初から応援してくれている前ちゃんに、な~さん、坪ちゃんが、桑名から、文字通り駆けつけて応援に加わってくれた。なんとか手をふるが、「無茶苦茶きついわ、これ~」と弱音を吐く。

バイクと同様、だんだん、走る人が減ってくる。

そして、4周回目の途中、左のアキレス腱の上部にピシッと痛みが走った。

あれ、やってしまったかな!

スローダウンして様子を見る。なんとか走れそうだ。最後までもつだろうか。

最後の周回ぐらいはスピードをあげてゴールしようとおもっていた矢先の、このアクシデント。一時はキロ7分近くまで落としてみたが、なんとか走れそうなので、6分ぐらいまでは上げる。

最後の折り返しから、僕の後ろにいる選手を、一人、二人と数えながら、 走る。前に走っている選手を、一人、一人、と抜いていく。 

そして、ようやくゴール。

なんとか辿り着いたゴール。

初トライアスロン、なんとか完走。ボロボロになりながら。

シーズンオフのいい経験ぐらいに思っていたが、とんでもなく過酷だった。

来年リベンジするかどうか...は、わからない(笑)

<公式リザルト>
総合順位 202位/完走241人中 
50代男子 12位 /21人中

タイム 3:06:15
スイム 0:41:57 189位
バイク 1:29:54 222位 スイム+バイク 2:11:51 209位
ラン   0:54:24 180位

トランジッションのタイムはどこに含まれているのか?だが、おそらく、スイムとランに含まれている気がする。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。