So-net無料ブログ作成
検索選択
トレイルラン レース ブログトップ
前の10件 | -

第18回ハセツネカップ完走記~その6 [トレイルラン レース]

日の出山の夜景は、本当に心に残る素晴らしいものだった。

ここまでの山道が本当に暗く、全く展望のない中を走ってきたので、いきなり目前に展開するパノラマに心を奪われる。

東の空には、オリオン座が見える。冬の星座だ。もう深夜を越えている(午前1時過ぎ)なので、しばらく前に昇ってきたところなのだろう。

ここで、寝そべって夜景見物と洒落込んで(いるわけじゃないかもしれないが)いる選手もいる。僕もしばらく佇み、そして名残を惜しみながら、最後の降りへと向う。金毘羅尾根のロングランである。

続きを読む


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第18回ハセツネカップ完走記~その5 [トレイルラン レース]

御前山でストレッチを念入りに行ってリフレッシュ。給水も補給もして、さあ下りだ。

大ダワまでの下りは、比較的走りやすかった。ここまでくると、滑りまくりの下りも、リズムをつかんでくる。滑らないようにしようというのでなく、できるだけ滑りながら下っていく方が、足に数段やさしいのである。スキーと同じだ。腰がひけたら確実に転ぶ。

ハンドライトも、つけっぱなしではなく、下りのきついところや、岩のあるところだけポイントポイントで使う。一応4時間電池がもつので、できるだけ節約して使う。電池の予備は持っているが、入れ替えをするのがかなり億劫な気持ちである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第18回ハセツネカップ完走記~その3 [トレイルラン レース]

頭上でパラパラという音がし始めたとき、正直「しまった!」という気持ちだった。雨用の装備は、ソフトシェルだけ。本格的な降りになったら、とても対応できない。

やはりゴアテックスのレインウェアをもってくるべきだったか!

しかし、そんなことを言っても始まらない。雨がこれ以上ひどくならず、できるだけ早くやんでくれることを願うのみだ。

僕の後ろで男女が話をしている。女性は、レインウェア着ようか?と言い、男の方は、これは露があたっているだけだ、雨じゃないと言う。何言ってるの! これは雨でしょ! 今着ないと後で大変だよ!という女性。いやあ、これは露だろう?という男性。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第18回ハセツネカップ完走記~その2 [トレイルラン レース]

スタートから日没までは、雨か曇りという想定だったので、給水のことはほとんど頭になかったが、思いもかけぬ蒸し暑さに、第一CPまでは給水がポイントになると思った。

入山峠まで約1時間という当面の目標だけ考えれば、それほど難しい目標ではないが、なんといってもそれは全体の十分の一に過ぎない。 頑張りすぎて脱水になれば、足を攣るのが怖い(実際三河高原では飛ばして足を攣った)し、第二CPまで水なしで進む時間が長くなるのは非常に辛い。

だから今回は初めて、心拍計をチェックしつつ走るという作戦を採用してみた。心拍計つきのスントのベクターを装着して、心拍数をみながら走りを加減する。ロードでは、心拍150前後で走る。沿道では、たくさんの人が応援してくれている。テンションがあがりそうなところを、抑えていく。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第18回ハセツネカップ完走記~その1 [トレイルラン レース]

周りが暗くなると、ほどなく、パラパラと木の葉に雨が落ちる音が聞こえてきた。最初はまばらだったその音が、次第に感覚が短く、音も大きくなってくる。

これ以上大降りにならないでほしい、と、 切実に思った。今ぐらいなら、木が雨を防いでくれる。

しかし、そんな望みもむなしく、大粒の雨が、身体にかかり始めた。

夜は快晴に向うという天気予報をあてにして、雨具はソフトシェルしかもってきていない。帽子も、ゴアテックスのものは、荷物の中に置いてきてしまった。もし雨で体が冷えれば、リタイアするしかないかもしれない。そんな考えが頭をよぎる。

そもそも、僕はいったい、なぜこんな暗い山の中を、雨に濡れながら走り続けているのだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

とりあえずハセツネ速報 [トレイルラン レース]

初参戦のハセツネ、完走。

心配していた雨はあがったが、その後なんと晴れ。蒸し暑い(27℃あったそうな!)天気で、第一チェックポイントの浅間峠までは節約して使わなければならない水不足に苦しみ、日が落ちて暗くなったと同時に本格的な雨。

ドロドロ粘土状態で、急な登りが滑ってはいつくばって登る(それでも前に上った人が落ちてくる!)など前半は悪コンディションが重なって正直完走できるか心もとなかった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Road to ハセツネ その2 [トレイルラン レース]

天気予報は、日曜は曇りのち雨。しかもけっこうまとまった雨が降るかもしれないとのこと。
あまりひどい雨にならないことを祈りたい。

で、スタート時にはやんでるといいんだけどなあ。

今日は、夜になって、小雨の降る中、真っ暗な公園の中でライトをつけて走ってみた。
ヘッドライトにペツルのミオRXP、腰にブラックダイアモンドのスポット。この二つで、ロードなら十分明るい。二つあるとかなり安定した光があってよい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Road to ハセツネ その1 [トレイルラン レース]

いよいよ、次の日曜日には、今年一番のメインイベント、ハセツネがやってくる…

もうほとんど、頭の中はそのことでいっぱいいっぱい…(ちゃんと仕事はしているけど、それ以外の時間はね!)

だけど、あんまり浮き足立ってもいられないので、ここは一番落ち着いて、まずは装備チェック

続きを読む


nice!(2)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

三河高原トレイルレース♪ [トレイルラン レース]

昨年に続き、2回目の三河高原トレイルレースに出場。

ハセツネまでちょうど2週間、一度思い切り最初から最後まで飛ばすようなレースで、心肺に思い切り負荷をかけておくと同時に、いったいどこまでもつのか…を試してみたかった。

昨年は、初のトレイルレースということで、最後尾からゆっくり入り、徐々にあげていくというレースで、 終わったあともそれほどダメージがなく、あれ、これで終わりかな? という感覚だったし、最初の山道で大渋滞にはまってなかなか前を抜けずにもどかしい思いをしたので、スタートから思い切り飛ばすことを考えていた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

酷暑の京都一周トレイルラン!(後篇) [トレイルラン レース]

山幸橋で、いったんロードに出る。少年たちが自転車に乗って、遊んでいる。平和な夏の田舎の風景。 その中を汗水たらしながら走る…

夜泣峠からの新道はけっこう時間を食ってしまった。静かな気持ちのよいトレイルだったが、作戦的には裏目に出た感じ。試走のときには、もうひとつぐらい山を越えたよなあと思いながら、氷室に向って進む。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - トレイルラン レース ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。