So-net無料ブログ作成
検索選択
ランニングと怪我について ブログトップ

アキレス腱痛 いびがわは限りなく赤信号に近い!? [ランニングと怪我について]

昨日のジョグ中に、違和感を覚えた右足のアキレス腱

夕方には歩いても痛いぐらいの感じになってきて、慌てて健康院へ駆け込んでテーピングでぐるぐる巻きという情けない状態に。
ひたすら安静を保つ。
座っていたり、寝ているときは全く感じないが、やはり歩くと違和感がある。
とてもじゃないが、走る勇気(蛮勇)はない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中足骨骨膜炎だそうな [ランニングと怪我について]

一昨日あたりから、足の甲が痛み始めた。

快調に走ったその日の夜のことだ。

これまでは、足底筋膜炎から、足の甲の外側へと炎症部分が移ってきていて、出たり引っ込んだりしていたが、ついに足の甲へ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

足底筋膜炎 ようやく完治か? [ランニングと怪我について]

津シティマラソンから一夜明けた月曜日、

「おや、今日はどこも痛くない!」

あれほど一進一退を繰り返していた足底筋膜が、消えているような…

でも、いやいやここが大事と言い聞かせて、月曜日は軽いジョグのみ。

そして今日。「やはり痛くない。違和感もない」

痛みというのは不思議なものだ。どこでどうやって治るのだろう。それにしても、「筋膜は痛めたら2週間」という健康院院長のお言葉どおり、ちょうど2週間で痛みが消えた。

これで、木津川も心置きなく走れる。去年は故障もちだっただけに、なんかうれしい。

今日も13km走り、調子はまあまあ。カーボローディング第一段階も順調で、体重は減りつつある。

明日は、20kmか25kmのロングでまたグリコーゲンをしっかり消費し、カーボローディング第一段階は終了の予定。

あとはお天気だけが心配だが、今のところ晴れの予報。

雨と風の神様に、2月1日はお休みしていただくように祈ろう!

〈1/26のラン〉 6.1km 35分52秒 5'52/km
〈1/27のラン〉
 13.1km 74分08秒 5'39/km

9969020.gif
人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックをよろしく!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

足底筋膜炎の経過 [ランニングと怪我について]

ここにきて、ようやく、年末から気になってきた足底筋膜炎が、あと一息で完治というところまできた。

よくなったり、再発したりしながらきたが、この一週間はロング走を封印して、短い距離のジョグや芝生でのLSDのみ。

ここで、最初からの経過を記録しておくことにする。

12/14 ロングの後に、足底が痛み始める←最初の症状

12/22 ほぼ治ってきたところで、 土山フルのコースを走る。走った後少し痛んだが、悪化せず。

12/29 関宿往復のロング走。痛みは気にならず。

1/2 椿神社往復35kmロング。走った後多少痛んだが、翌日、翌々日のランには支障なし。ただ、このあたりでは、まだ気になっていた。

1/10 桑名からの35kmロング。走る前は全く問題なく、テーピングなしで走った。走った直後は全く問題ないと思ったのだが… 

1/11にけっこう痛みが出てきて、歩くのも痛いぐらいになった。

12月は、初の370kmを走ったため、やはり足にはかなり負担がきていたのだろう。それに、寿命のきていた靴で走っていたことで、アーチが落ちていたのかもしれない。それと、ロングを走るとき、走ったあとのケア不足が問題か。

やはり、しっかりとテーピングをして走り、走ったらすぐにアイシングをしなければならないだろう。

そして、今日はロングができるぐらいには回復していたが、ここで無理をしないで練習は回避。寒いし、雨が降っているし、まあ無理に走らないで思って、やめておいた。あと一週間で完治させ、再び走り込みができるようにしたいものである。

さて、今日はセンター試験二日目だった。

昨日の英語の試験は、問題傾向は去年と大きく変わらず、難易度も、おおむね去年並みだった。

明日、塾生が結果を持ってやってくる。どんな出来だっただろうか。自分としては、今年はかなりやるだけのことはやったという気持ちがあるので、どちらかといえば、楽しみである。実力がしっかり出せていればよいのだが。

今日は、都道府県対抗の駅伝(男子)もあり、楽しみにしていた。佐藤悠基、柏原竜二、佐藤敦之、上野裕一郎など、有力ランナーが走っていたが、目についたのは柏原ぐらいで、あとの選手はまだ本調子でないのがありありと見えた。箱根駅伝で名前を馳せた有力ランナーが、なかなか世界へ羽ばたいていけない現状が、みてとれる結果に。

むしろ、高校生や中学生のイキのよいランナーが見ていて楽しかったが、こうした将来あるランナーたちが駅伝のみで燃え尽きないように祈りたい。まあ、駅伝はみていて面白いし、指導者も目標設定がやりやすいのかもしれないが、やはり個人で世界と戦うことを目標として、成長させてほしいものである。

〈1/18のラン〉 おやすみ
〈1/17のラン〉 20km 午前12km走 70分38秒 5'53/km
夕方8.2km 54分27秒 6'37/km
〈1/16のラン〉 10.1km 53分37秒 5'18/km

9969020.gif
人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックをよろしく!


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

爪が生え変わった! [ランニングと怪我について]

実は、長野マラソンのときに、右足の人差し指と中指、左足の人差し指の爪が、死んでしまっていた。

爪が死ぬ原因にはいろいろあるらしいが、親指でなく、人差し指から小指の爪が死ぬのは、どうも「靴の中で、こぶしを握り締めるようにぎゅっと足指を曲げている」ことが原因らしい。

それと同様に、親指の外側に血豆ができるのも、同じ原因のようだ。

これまで、あまり「爪が死ぬ」ことはなかったのだが、「がんばって走ろう」という気持ちになると、自然と足指に力が入ってしまう傾向が自分の場合にはあるらしい。しかし、そうすると、かえって拇指球で離地するときに力が加わらず、減速してしまう。しっかりと足指は広げた状態で着地、離地すれば、ばねがいかされてグッと前へ進むのに、疲れてくるとそんなことを考えてやる余裕がなくなって、悪い癖が出てしまうのだ。また、それをやりすぎると外反母趾の痛みが出てきて、踏んだり蹴ったりである。

それを治すためには、ふだんから意識して、 足指を伸ばすこと、それに、足先が遊ばないようにしっかりとフィッティングしてシューズをはくことだろう。長野のときには、心当たりがある。紐の締め方がうまくいかず、ちょっとゆるめた感じでスタートしてしまったのだ。

それから45日間経って、ようやく爪が完全に生え変わり、古い爪が今日パカっととれた。人間の体の再生能力というものもすごいものである。古い爪も、それまではとれずに、生え変わるのを保護してきたわけで、うまくできたものだ。

だからといって、それに頼りきりでなく、爪が死なないように、足先までしっかりと神経をゆきわたらせて走りたい。

今日のラン:11.4km 67分43秒 5'54/km 
※小雨の中を、ゆっくりジョグ→普通のジョグ→最後の1kmのみ快適ペースで。

4'50/kmが快適に感じられるようになってきた。
 

[ひらめき]人気ブログランキングに参加しています。ぜひ応援のクリック[るんるん]を!

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

外反母趾テーピングの威力 [ランニングと怪我について]

同じ職場のOさんは肩こりがひどくて、一ヶ月ほど前から僕が紹介して佐藤健康院に通っている。
週に二~三回は一緒になるのだが、先日、僕が外反母趾のテーピングの仕方がうまくいかなくて、一度教えてもらいたいと院長先生に頼んだとき、試験台になってもらった。

「えっ、私って外反母趾なの」とOさん。
見ると、明らかに外反しているのだが、別に痛くもないし、それでずっと見慣れているわけだから、自覚のないのは当然といえば当然だ。僕だって自分が外反母趾だとは思いもしなかったのだから。

ところが、テーピングで足親指を内転させて固定すると、
「あれ、親指が地面についてる!」
しっかり親指が接地している感触を味わってOさんはびっくり。気に入って、両足ともやってほしいということで、やってもらって、二~三日テーピングをしていたら、これまでに使ったことのない太もも筋肉が筋肉痛を起こしたそうである。つまりこれまで全く使っていなかった筋肉を使うようになったということだ。

親指や小指が接地していないと、ふくらはぎを使ってばかりいるので、自然に足が太くなるともいう。かくいう自分もふくらはぎが太く、とてもランナーとはいえないような足をしている。しかし、このごろだんだん体幹を意識したランニングができてきたおかげで、また、テーピングのおかげで、ちょっと細身になってきたかなという感覚がある。

それに、足裏のバランスがよくなって、地面をしっかり捉えられるようになってきた感じがする。その証拠に、これまでは必ずできていた親指の内側のマメが、今回の鈴鹿シティマラソンでは全くできなかった。

テーピングは、コツがなかなか難しい。テープで引っ張るのではなくて、足指を正しい位置に固定してから、それをテープで保つようにするのだ。横アーチをしっかりつくるように足の横を手で押さえ込むようにするのだが、こればかりは実際にやってみないとわからない。

足底のバランスは、全身のバランスに関係してくるから、ランニングをやる人だけでなく、日常的に肩こりに悩まされたりしている人にもきくことがあるらしい。このへんは、カサハラネットというページに詳しく書いてある。

今日は深夜に車で東京へ。明日はできたら、思い出の多摩湖を走りたい。

本日のラン:朝ジョグ 8km 49分7秒  6'08/km
今日は風がなく、走っていると暑さを感じた。週末の距離走に向けて、つなぎのジョグとして走った。


↑人気ブログランキングに参加しています。ぜひ応援のクリックを!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ようやく痛みが和らぐ [ランニングと怪我について]

今日で、連続して走らないのが3日になる。3日以上走らないのは、記録を見ると6月以来だ。
これだけ走らないと、体がなまっているのではないか、ちゃんと走れるのかなと不安になってくるが、治療院の院長先生は、「レースまで走らないでも大丈夫ですよ。案外自己記録がでるかも」という。

それでも、今日はテーピングをしてくれた。これで痛みがとれれば走ってもよいというお墨付きをもらったので、様子を見て明日から走ろうかと思うが、明日は雨…。でもたいしたことないみたいだから走ろうかな?

どちらにしても、ゆっくり走るにとどめて、レースまでは追い込んだ練習はなしにしよう。調子がよければ土曜日あたりに足に刺激を入れる意味で、2キロぐらいレースペースで走ろうか。

階段を降りるのがあまり痛くなくなってきたので、うれしい。

ちなみに、痛めたときは、あまりストレッチはしないほうがよいそうである。それより縮めてやるといいそうだ。故障して痛めているときは、乳酸が溜まっているのではなく、筋膜や筋繊維がこすれて破壊され、それにカルシウムが付着して痛くなるということらしい。乳酸が溜まっているだけのときは、ゆっくり走って疲労物質をとるのが有効だそうだが、筋繊維が傷んでいるときは、テーピングで筋膜を引っ張ってそこの血流をよくして治癒力を高めるということらしい。

それにしても、月間300km走ると、体にかなりの負担がかかり、いろいろ問題が出てくる。市民ランナーで600km走る人は、鉄人のように思ってしまうが、やはり、いろいろ問題がありながら、それを克服して現在に至っているようだ。まあ、まずは300km走ってそんなに問題が起こらないような体作りと、体のケアを含めていろいろな対策を講じていくしかないだろう。

本日のラン:足痛のためお休み。筋トレとストレッチのみ


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとクリックを!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ふくらはぎの痛み [ランニングと怪我について]

昨日の朝起きてみたら、ふくらはぎの上部、膝に達する腱のところが両方とも痛くなっていた。
普通に歩くのはそれほどひどい痛みは感じないが、階段を降りると痛い。日曜日の距離走の後は、クールダウンもストレッチも念入りに行ったつもりなので、原因がわからなかったが、治療院へ行ってみると、「やりすぎ」ではないかと言われた。
鵞足炎ではないかということだ。疲れてきて、腰が引けて足が後ろのほうで回っている状態を続けるとすれて痛みがでるらしい。「痛みを治すことはできるが、治すとランナーはすぐに走るからあえて治さないで様子をみる」と言われた。特に日曜日にはレースが控えているので、休みなさいという。

レース前のこの時期にまた足がおかしくなった。レースに向けて気合が入りすぎるのかもしれない。万全でどこにも不安のない状態でレースを走れたことは一度もない。でも、怪我のおかげでレースの前に休めて、ちょうどよい休養になっているのかもしれない。

しかし、本当に痛みは治まるのだろうか? けっこう不安だ。

今日もまだ痛む。昨日よりは少しましかな。
雨も降っているし、今日もランニングは中止して様子をみることにした。

それにしても、次から次へとよく痛むものだ。去年の今頃はふくらはぎの肉離れ。これは、治りかけたときに無理をして、何度か痛めた。走りはじめで筋力がなかったのと、たぶん腰の落ちた走り方をしていて、足に負担がかかりすぎたのだと思う。そして、練習量を増やした今年の夏に膝と腰。筋力トレーニングとカーボンシートチューニングでその痛みがなくなったと思ったら、足底の痛み。そして外反母趾。外反母趾の痛みがようやく消えかけてきたときに、鵞足である。

健康のためにランニングを始めたのが、足の怪我のオンパレードになっている。ただ、二度同じ症状になったことがまだないので、症状が軽いうちに対処できているということだろうか? それと、健康院では治療するだけでなく、予防・強化のための筋力トレーニングをやっているので、怪我をする前よりも丈夫になっているような気がする。

今日も健康院に行って、しっかりと筋力トレーニングをしてきた。完全に休むよりも、少しでも体を動かして、体調を整えるほうがよい。怪我をしている箇所に負担のかからないトレーニングをすればよいのだ。

昨日は、長年使っていたコンピューターがいかれてしまった。電源が入らなくなっていて、電源を変えたら立ち上がることは立ち上がったが、画面が文字化けしてひどい。ビデオボードがおかしいのかと思って、挿しなおして立ち上げてみたら、最初はよかったが途中からまたおかしくなった。ついには、BIOS画面もでなくなってしまった。マザーボードがやられているような感じだ。
マザーボードとビデオボードは入れ替えなけばならない。メモリは壊れてないだろうか? 年末の忙しいときにとんだハプニングである。サブ機のノートパソコンでなんとか当面しのぐほかない。

これもプラスに考えていこう。コンピュータはまあ壊れるものだという前提で、サブ機で同じ仕事ができるようにと準備をしてたのだが、実際に壊れてみると、まだまだ万全ではないことに気がつく。本気でそこに力を入れなければならないと思う。いい機会だと考えてしっかり対策を考えたい。

浦和はセパハンに完勝。調子も戻りつつあるようだ。ACミラン戦には期待したい。動き負けないでプレッシャーをかけ続け、ワシントンの個人技で決めて、少なくともACミランを本気にさせてほしいものだ。浦和の選手たちも気合が入っていると思う。

昨日のラン:足痛のためお休み。筋トレとストレッチのみ
本日のラン:足痛のためお休み。筋トレとストレッチのみ


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとクリックを!


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

足の裏が… [ランニングと怪我について]

先週末からちょっと気になっていたのだが、今日になって、左足の裏が痛くなってきた。足底筋膜炎か? と嫌な予感が…。これまで、足の裏が痛むことはあったが、右足しか痛くなったことはなかった。そのときはどんな状況だったかなと考えてみるが、思い出せない。どうやって治ったかもあまり覚えていないが、特に何もしないで休んだような気がする。軽症だったので、そのまま治ったような…

さっそく佐藤健康院でみてもらった。すると、足底筋膜炎ではなくて、昔軍隊の人が行軍のしすぎでなったようなやつで、下手すると疲労骨折するという。「まあ使いすぎでしょう」とのお言葉。足裏強化のために、やわらかいプニュプニュしたアイスノンみたいなものの上でスクワットトレーニング。最初は足を肩幅に開いて、次は閉じて30回ずつ。「テーピングしておきますか?」と聞かれて「おねがいします」とやってもらった。テーピングはしばらく前に腰痛のときにやってもらって、非常に効果があったので、これで痛みが軽減することを期待したい。

そんなわけで今日は、ベンチプレス・プルオーバー・ぶらさがり・ストレッチでランニングはなし。
もともと今日は休足日にしようと思っていた。

最近読んだ本に、「ランナーのメンタルトレーニング」という本がある。この本は非常に面白くて、リディアードの「ランニングバイブル」とともに、座右の書の一つなのだが、そのなかに、
「次のようであればあなたはタフです」という項目があり、
●スポーツとしてのランニングとエクササイズとしてのランニングの違いがわかる。
●レースで長い距離を走ることが不自然な行為であることを承知している。
●安全なスピードと距離の限界を超えて走ることの危険性を認識している。
●リスクを慎重に計算し、過剰な練習の間に軽い練習を取り入れている。
などが列挙されている。

「レースは快適に走るためにあるのではなく、限界を探究するためにあるのです。……生きるか死ぬかといった危機を経験したことのある動物ほど、生きている喜びを強く感じることができるでしょう。」

読んだことのないランナーには、ぜひ一読をお勧めしたい。
僕が、エクササイズとしてのランニングを超えて、プロではないが、市民ランナーとしてのレースの世界に入っていこうとしているのも、そこに計り知れない魅力を感じるからだ。通常の練習では出来ない、自分の限界と思っている点を超えた世界がそこには広がっているように感じるのだ。そして、そこで一つ一つ壁を取り払っていくと、人間の素晴らしさを感じることができるように思う。
まだまだレースは3つしか出たことのない、フルマラソン未経験の自分でも、レースの魅力にとりつかれてしまいつつある。

本日のラン:なし
今週は、レース前2週間なので、心と体の調整を主目的とする。


↑人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックを!


ランニングと怪我について ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。