So-net無料ブログ作成
検索選択

この1年の記録 [雑感]

年末である。冬期講習・入試直前講習という時期柄、全く年越し感のないまま、今年も1年が終わろうとしている。

というわけで感慨も出てこないが、とりあえず、今年の足跡のみ、記録しておきたい。

《2012年1月》
1月1日~2日 恒例のお正月ラン 1日、2日と30km走。12月は連戦の疲れであまり調子がよくなかったが、1月からは調子があがってきたようだった。
1月21日 まぐろラン
1月22日 一色ハーフ 1時間34分 前半フルレースペース想定、後半頑張った
1月29日 津シティ 42分50秒 別大一週前の調整レース。うなふじで特上鰻丼!

《2012年2月》 
2月5日 別府大分毎日マラソン 3時間18分33秒 初の3時間20分切で自己ベスト達成。
      ネガティブスプリットで本当に後半力強く走れた!

2月26日 犬山ハーフマラソン 1時間30分24秒 ベスト達成!
       このハーフの前は、主にLTペースや、インターバル的なトレーニングをやった結果、もうすこしで90分…

《2012年3月》
3月11日 名古屋ウィメンズマラソン応援 全国からの女だらけの大会に圧倒される。打ち上げは大盛況!
3月18日 新城トレイルレース 6時間34分36秒。25分23秒短縮のベスト更新。
      ただ、この時、レースの途中でシューズが壊れてしまい、そのシューズで走っていたせいか、足の甲が痛くなる。
      この後、トレイルを走ると足の甲が痛むということが繰り返され、まだ完治していない…

3月28日 インターバル練習中に、ふくらはぎ違和感発生。やってしもうた… またまたスピード練習で…

《2012年4月》  
4月1日 美杉の里さくらマラソン 10km 44分49秒 ふくらはぎが完治しないまま、とりあえず最後まで走れたが…
4月8日 四日市ロードレース 10km 43分16秒 全く練習出来ず。ここで10kmのベストを出したかったのだが。
4月27日 足が治りかけては、走って故障を繰り返す。この日も、夜のマラニックに参加のつもりで白子まで走り、合流直前で故障再発で暗い中とぼとぼとひとりで帰った…
4月30日 鈴鹿縦走参加の予定だったが、当然走れず、サポートに。 

《2012年5月》 
5月20日 鯖街道DNF いけるところまで…と思ってスタート。練習も満足に出来ず、しかもまた途中で違和感が発生。リタイア。いちはやくバスでゴールに向かい、みなさんを迎えるという情けない展開に。

《2012年6月》
6月3日 こんたさん企画比良トレイル というより、酔っ払いキャンプ。 
月半ばから、おんたけスカイに向けて山錬開始。
伊吹山2往復、伊吹山2.5往復の山錬。

《2012年7月》
7月8日 おんたけ試走。大又山荘から、ヤブコギ、スキー場の草掻き分けでかなりの体力消耗…
石水渓のアップダウントレーニング。
7月末~8月初 北アルプス雲の平トレイル3泊3日。全行程約60km?
晴天に恵まれ、記憶に残る旅となった。

《2012年8月》
8月初旬 剣峠練習 途中でリタイア。雲ノ平の疲れ??
8月26日 おんたけスカイレース
       お鉢での大転倒があり、苦しいレースだったが、必死の思いでなんとかベスト記録。
       おんたけスカイレースはきつい... 来年出るかどうかは???

《2012年9月》
大阪マラソンに向けて、フルの練習を始動するも、全く調子があがらず。体の調子がおかしいのではないかと真剣に悩み、胃カメラ飲んだり、いろいろ検査するも、異常なし...

《2012年10月》

膵臓のCT検査までしてもらったが、結局、インナーマッスルのバランスがおかしかったみたい。おんたけの転倒がもしかしたらかなり響いているのかも。暑かった夏に頑張りすぎたのがよくなかったか…

10月14日 かもしかハーフマラソン
10月21日 剣峠50km 完走! 夏のリベンジ達成 5時間7分。暑かった~
10月28日 大垣ハーフ 1時間35分をぎりぎりで切って完走。 ようやく調子が戻ってきた。
10月3連戦で少し、大阪マラソンに向けて、まともに走れるかなという感じになってきた。

《2012年11月》 
11月10日 いびがわ応援。初のかぶりもの(パンダ!)
11月25日 大阪マラソン 3時間21分43秒 セカンドベスト
       こうみてみると、この記録で走れたのが信じられないぐらい調子が悪かったんだなあ~

《2012年12月》  
12月2日 お伊勢さんハーフ 1時間31分38秒 セカンドベスト!
12月9日 東山36峰 パンダデビュー(笑) 記録的にはいまひとつ。3時間30分ちょい。
12月16日 鈴鹿シティハーフ 1時間35分ちょっと 疲れた~
12月23日 松平忘年走…

こう書いてみるとあっという間だけど、今年もいろいろあったなあ。 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

51歳になりました。この1年は… [雑感]

もう一年が過ぎようとしている。

去年の誕生日は、50歳。

mixi日記を見たら、こんなことが書いてあった。

「今日、生まれてちょうど50年がたちました。
僕が生まれた頃は、よく覚えていませんが、新幹線が出来、日本は高度成長期の真っ只中というか、登り坂だったんでしょうね。
小さい頃、東京オリンピックがありました。よく覚えていませんが…
大阪で万博もありました。よど号のっとり事件や、浅間山荘事件、成田闘争がありました。
これらは、よく覚えています。

不思議なもので、50年も生きました。
それなりに経験もあるのかもしれませんが、たいした経験もないような気もします。

「人生50年」という昔から思えば、もう十分長く生きたのかもしれません。
あとの一日、一日は、おまけみたいなもの?
おまけなら、思い切り自分らしく、楽しく、真剣に、生きたいです。

何か感慨があるのかなあと思っていましたが、特にないです。
淡々と一日は過ぎていきます。

今日は、また爆睡日でした。東山の疲れが、これでとれるといいのですが。

今度の日曜は、鈴鹿シティマラソンです。50台最初の大会は、10kmの心臓バクバクレースです。

まだまだランナーとしては駆け出しですので、これからももっと上を狙っていきます。みなさんよろしくお願いします!」 

あれから一年経った。

娘は高校入試に合格して、医者を目指して勉強中。小さい頃、「医者になれ!」と無責任なことを言う親に「やだ」と反発していた娘が、どういうわけか、医者になりたいそうだ。頑張って勉強している。相変わらず親には反発していますが、父親によく似た娘で、似ていないところは、コツコツと努力するところ。

下の娘は小学校3年生。まだ甘えん坊のチャッカリ娘だ。

つれあいは相変わらずのマイペース。これがまたのれんに腕押しというか、馬耳東風というか、全く自分のペースというものを崩さない不思議な人。僕と正反対の性格が、衝突の原因でもありますが、それがよいのかもしれず、 よくわからない。

仕事は忙しい。去年よりもさらに忙しい。幸い、指導している生徒が、今のところしっかり結果を出している。不況の中、高い塾の授業料を払わなければならない親御さんは本当に大変だ。だが、こちらも生活をしていかなければならない。

そして走る方。

2月5日:別府大分毎日マラソン 3時間18分33秒 自己ベスト

2月26日:犬山ハーフマラソン 1時間30分24秒 自己ベスト

と、立て続けにベストを、しかも大幅な更新。

ところが、その後、新城トレイルで左足の甲を痛め、スピード練習中にふくらはぎを痛めて、5月の鯖街道マウンテンマラソンは途中リタイア。左足の甲の痛みは踵の痛みに変化しながら、まだ完治していない。ふくらはぎはようやく完全に治ってきたかな~というところ。

夏はひたすら山に行った。しかしなかなか本調子にはならず、おんたけスカイは、かろうじてベスト更新。ところがそこから不調のどん底に沈んで、ようやく大阪マラソンで復活のセカンドベスト。

現在、調子は上向き?かな...

51歳の初レースは、週末の鈴鹿シティマラソン。今年はハーフが復活して、ひざびさに公道を走る。

思えば人生初めてのハーフレースは、やはり2006年の鈴鹿シティマラソン。6年前になる。初心に戻って、しっかり走ってこようと思う。 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

発熱~そして寝正月 [雑感]

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

大晦日の夜から熱がぐんぐんあがり、元旦の今日は、完全に一日寝ていた。喉もいたくないし、お腹もゆるくないのに、熱だけが高い状態。
幸い、かなり収まってはいますが、三が日は療養ということになりそうだ。

今日は、寝ながらニューイヤー駅伝を観戦。あんな寒風の中を走る選手はすごいなあと思ってみていた。

明日は、箱根駅伝。密かに東海自然歩道をお正月に走破しようと思っていたが、まったく動けず。まあ、休みなさいということなのでしょう。変な夢ばかりみている。

今日も早々と寝ます。(さっき起き出してきたばかりだが…)
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

雪の大晦日~どらさんを偲んで [雑感]

暑い暑い夏をすっかり忘れてしまいそうな、寒い寒い一日で、今年は終わり。

仕事が去年に比べて随分と忙しくなり、なかなか思うように練習もできないまま、年は暮れていこうとしている。

実は、この秋に僕が走り始めた頃からのラン友だったどらさんが、闘病生活の末、すい臓がんで亡くなった。去年の秋に乗鞍のトレイル合宿で一緒に楽しんだのが最後だった。合宿のあと、せっかくだからと車で白骨温泉まで一緒に行った。雨の中、白い湯に浸かり、一緒にモンブランに行こうと話し合った。

今年の東京マラソンの応援で上京した時に、再会して以来、会っていなかった。夏の暑さがずいぶんと堪えたようだった。ハセツネで東京に行ったときは、体調を慮って会わなかったが、そのすぐ後に他界された。

知らせをきいたのは、いびがわマラソンの当日だった。声がでなかった。まだまだと思っていたが、もしやとも思っていた。覚悟していたので、涙もでなかったが、自分の心がひどく寒かった。

どらさんの病気がわかった一年前、どらさんと約束した防府で3時間15分を狙って走り、完全に撃沈した。力不足だった。今年の奈良は、弔い合戦のつもりだった。力が足りないのはわかっていたが、前半飛ばした。またも35kmで足が動かなくなった。情けないと思いつつ、全く身体が前に進まなかった。

最後の1kmで、どらさんはもう二度と走れないんだなあと思った。そう考えたら、足が折れてもいいから頑張ろうと思った。最後の坂は死力を振り絞って走った。ゴール前に、初めて涙が出た。

いつかは人は死んでいく。年をとるということは、だんだんそれが現実味を帯びてくるということでもある。

悔いのない生き方がしたい。そして、誰かが自分のことを少しでも覚えていてくれたら、それでいいような気がする。昨日の猿投からのトレイルで、乗鞍の合宿に一緒に参加した人がたまたま大阪から来ていて、どらさんのことを思い出しながら走った。僕がこうやって、トレイルを走るたびに彼のことを思い出すことをどらさんは喜んでくれるような気がした。

三重と東京と、遠く離れていたため、どらさんと一緒に練習した時間は短い。菅平合宿、乗鞍天空マラソン、東京マラソンの試走、乗鞍トレイル合宿。それでも、その時間は濃かった。全部覚えている。

それだけ、どらさんがその時間を濃く生きたということだろう。時間は、長さだけではない。そこには永遠を詰め込むことのできる密度がある。

いつまで自分の人生が続くかわからないが、濃密に生きたいと思った。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この一年② トレイルラン [雑感]

今年は、僕にとっては、トレイルラン元年といってもよい。

昨年の新年(つまり二年前だ)に足底を痛め、その影響で初夏までずっと足の甲に痛みを抱えていたため、例年のスピード練習ができず、それならということで、全身の筋力強化のために山に行き始めたのがきっかけで、どんどん山にはまっていった。

今年の春には、トレイルレース第二戦となるOSJ新城トレイル32kmに出場し、後半完全に足が筋肉痛で動かなくなって、苦杯をなめた。ついで、5月の鯖街道では体調不良とシューズ選択ミスによって、またもや苦しいレースを強いられ、本格的にトレイルに取り組むためにますます山に行く機会が増えた。

夏には、中央アルプス縦走、北アルプス(立山)縦走の大会に出場、そして、夏の終わりから秋にかけてOSJおんたけスカイ、松阪トレイル、京都一周トレイルと3連戦。

10月には念願のハセツネ完走を果たした。

いずれも、まだまだ自分の力不足を痛感するレースばかりで、正直フルマラソンからこちらに完全に方向転換しようかとかなり真剣に思った。ただ、時間と体力と資力の関係で、2足のわらじを履くのはかなり困難だ。トレイルレースに出ると、トレイルレースへ比重が傾き、フルマラソンを走ると、もっとフルを極めたいと思い、まあかなりどっちつかずでフラフラしている。

でまあ、結局来年は3月から8月まではトレイルに重点を置き、9月から2月まではフルに重点を置くというように、完全にシーズンを二つに分けて臨もうと思っている。

まずは、来年3月の新城トレイルを満足に走りたいと思う次第だ。 タイムというより、最後まできっちり足が動くようにトレーニングを積んで臨むつもりである。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この一年 ① フルマラソン [雑感]

2010年というこの一年を振り返ってみる。

まずは、フルマラソンでは、初めてまともな(つまり後半の失速が最小限に抑えられた)レースを、3月の篠山ABC、4月の長野と2連続ですることができた。

それができた要因は、お正月からの走りこみの成果だろうと思う。

去年の12月の防府から2週間、オフをとり、お正月からできるだけ長い距離を走ることを心がけ、35km、40kmという距離を練習で走るのが普通の感覚になってきた。

ちなみに、1月は30km走が5回、20km以上が3回。一月の走行距離が286kmだから、ロング走の占める割合が3分の2を占めた。

オフの影響で、かなり足が筋肉痛になったけれど、ここで基礎ができたおかげで、2月の走りこみは、35km走が2回、40km走が2回、35kmのペース走(5:05/km)の翌日に44km走るとか、けっこう頑張った。総距離は、376km。

で、3月初旬の篠山での自己ベスト更新。距離に対する自信がかなり出来ていたので、前半を抑えられたのが好結果につながった。

3月は、新城トレイルレースのあと、1週間筋肉痛でほとんど走れなかったため、総距離は311kmだったが、篠山を含めて35km以上が2回、新城を含めて30km以上が2回。

長野のレース3週間前に2は、4:50/kmペースで30km走を走りきれている。

こう振り返ってみると、3ヶ月半かけて、しっかりと練習を積めてきたことが本番のベストにつながっているのがわかる。

それに比べて、やはり秋~冬のいびがわ・奈良の両レースは、フルに向けての練習不足(つまりロングペース走の不足、特に35km、40km走ができなったこと)が、後半の失速を呼ぶ展開になってしまった。  まあ、このあたりはわかっていたことなのだが、想定通りだったということである。

来年は、もう少しフルマラソンに挑戦してみたい。トレイルも非常に楽しいのだが、フルで記録を伸ばせるのは、たぶんあと数年だと思うので、万全の準備をしてフルを走ってみたい。

春のレースにはエントリーしていないので、冬から春にかけては、トレイルをメインにした練習や、ロードも比較的短い距離を速く走る練習に集中して、夏までにしっかりとした体作りをして、9月~11月はフルマラソンに向けたトレーニングに専念する。だから、たぶんハセツネは出場しない(たぶん…)。

メインレースは、神戸にするか、防府にするか、まだ迷っている…

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

50歳まであと一年 [雑感]

今日は僕の49歳の誕生日
といって、別に他の日となにか変るわけでもないが。

人生50年と昔は言っていたらしい。となると、もうすでに一人分の人生を生きてきたわけで、あとはおまけということになる。

おまけというわりにはまだ元気だけど、やはり身体的には無理がきかなくなってきている。僕の場合には40代半ばで身体に相当ガタがきていることを自覚したこともあって、走ることで肉体的な若さをとりもどそうとした。

だからそのときに比べれば体力は格段についたが、それでも年齢と共に衰えていくわけで、年々記録が伸びるというわけにはいかないのが、厳然たる現実なのかな、という気持ちと、いやまだまだだという気持ちが半ばしている。

40代最後の一年。

まだまだやれるぞ! という年に是非ともしたいものだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サプリメント [雑感]

去年の春、東京マラソンを前にして、練習の疲労がピークに達してしまったときがあった。
30km走を5分を切るスピードでやるとか、練習自体はこなせていたものの、疲労感が半端でなく、ロングのあと、温泉に浸かるとたちくらみがひどかった。

子供のいる家庭では、食事はどうしても子供にあわせてしまうし、プロアスリートでもないわけだから、食生活はそんなに劇的には変えられない。そこで、飲み始めたのがアスタビータ・スポルト。

アスタビータ スポルト

アスタビータ スポルト

最初はあまり効果を感じなかったが、毎日続けて飲むようになってから、明らかに目覚めた時の疲労感が軽減してきた(と感じた)。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大阪国際女子マラソン、赤羽選手の今度にエールを! [雑感]

雨の中の大阪国際女子マラソン、今日はテレビの前で応援した。

残念だったのはやはり赤羽選手。
大阪城までの走りは、素晴らしい記録を予感させたが、やはり足の故障が響いたのか。

リタイアの仕方を見て、マラソン選手はやはりどうしても最後まで走りたがるので、コーチがきちんと止めないといけないと思った。後々まで影響しなければよいのだが。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

自転車に乗れた! [雑感]

これは今年小学校へあがる予定の下の娘の話。

親に似て、運動神経も悪そうだし、甘えん坊だし、自転車なんか乗れるんかな~ と思っていたが、今朝、自転車にコマなしで乗りたいとのこと。

とりあえずコマを外して、近くの公園で走らせてみる。

ハンドルが安定しないので、ペダルが踏み込めない… ハンドルを安定させるように助言してみる。でも、右に左に振られる。う~ん。保育園でも、こんな状態らしい。

しかし、ここで発想の転換。自分が乗るときのことを考えてみる。そういえば、ハンドルをそんなにしっかり持ってたっけ。

それよりも、ペダルを思い切り踏み込めない方に原因があるのでは?

そこで、走り始めから思い切りペダルを踏み込むようにアドバイス。すると、なんとどんどん進んでいくではないか。ちひろ(それが下の娘の名前だ)も喜んで、ついには公園を2周!

親の知らないうちに、子供はどんどん成長していくんだなあ。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。